自営業と会社員では、どっちが「すごい」のか?

会社員の方に社会保険労務士で開業しているというと、「すごい!」という反応をされることがあります。

わたしからすれば、同じ会社で会社員を続けていることの方がすごいなあと思ってしまうので、不思議な感じがします。

自営業=自分で稼ぐ

わたしは今でこそ開業社会保険労務士をしていますが、会社員歴の方が長いです。

社会保険労務士の資格を取ってからも、自分の事務所を開くということに憧れはするものの、実際にやってみようとは思いませんでした。

自分の力で稼ぐなんて、すごい。そんな難しいことできない。と思っていました。

自営業だと、その名のとおり自分で営業しなくてはいけません。

自分自身や自分で作ったもの・考えたことが商品となり、対価を得ることになります。

自分が動かなくては何も始まらず、収入はゼロです。

指示してくれる人もいません。

自分の仕事が組織の中で決まる会社員の方からすれば、自分で決めて自分で動かなくてはならない自営業は「すごい」のかもしれません。

会社員は、適応力が必要

会社員の仕事は、組織の中の配置で決まってきます。

異動や仕事内容の変更は、必ずしも叶うとは限りません。

仕事で成果を出してがんばっても、賃金制度や評価制度、社長の判断などで、見返りは間接的で限定されたものになります。

上司、部下、同僚などとの人間関係の苦労もあります。

自分の力や考えではどうにもならないことがあるという環境に気持ちの折り合いをつけていくことが必要になります。

わたしはその折り合いがつけられなくなったときに、何度か転職をしています。

なので、1つの会社で長く続けている人に対しては特に、その適応力は「すごいな」と思います。

まとめ

自営業と会社員では、いずれにも大変な面があり、どちらの方がすごいとか優れているということはないと思います。

わたしも今は自営業ですが、会社員として働く楽しさも知っています。

自分に合っている方、自分のやりたい方で選択すればよいと思います。

Follow me!